健康診断について

健康診断のイメージ写真

現在の健康状態はどうなのか、自分の体の調子について客観的に知ることは、健康的な生活への第一歩になります。その結果、より詳細な検査か必要であれば検査し、治療が必要であれば治療することで、より早期に健康を取り戻す可能性は高くなります。また、生活習慣病等が、より重篤な病気(心筋梗塞や脳梗塞など)を引き起こす前に、生活習慣の改善を図り、病気を予防することができれば、患者さん本人はもちろん、ご家族、そして社会全体にとって、大きなメリットとなります。

当クリニックでは、患者さんの不調の訴えに耳を傾けることを基本に、各種健康診断も重要な手段と位置付け、いわゆる「未病」の段階から関わることにより、地域の方々の健康に貢献したいと考えています。

健康診断について、当クリニックでは、高齢者医療確保法に基づいた特定健康診査、労働安全衛生法に基づいた定期健診(企業健診/雇入時健診含む)、特定業務従事者健康診断、さらに就学時診断を行っています。

特定健康診査

高血圧症、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病は、日本人の死亡につながる原因の約6割を占めると言われていますが、初期は症状がないものがほとんどです。そこで、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診によって、生活習慣病の予防を測るのが特定健康診査です。対象になるのは40歳~74歳の方となります。特定健康診査によってリスクが高いと判断された患者さんには、スタッフが「特定保健指導」として生活習慣の見直しをサポートすることも行います。

特定健康診査項目

診察等
視診、触診、聴打診などを行います。
問診
現在の健康状態や生活習慣(飲酒・喫煙等)について伺います。
身体計測
身長、体重、腹囲を測り、肥満度の指標であるBMIも計算します。
血圧測定
血圧を測り、循環器系の状態を調べます。
血中脂質検査
動脈硬化などの原因となる中性脂肪やHDLコレステロール。LDLコレステロールを測定します。
肝機能検査
幹細胞の控訴を測定し、肝機能などの状態を調べます。
血糖検査
空腹時血糖またはHbAlc、随時血糖を測定し、糖尿病等を調べます。
尿検査
腎臓、尿路の状態や糖尿病を調べます。

詳細な検診の項目(当該年度の健診結果より、医師が必要と認めた場合、実施します)

心電図検査
不整脈や狭心症などの心臓に関わる病気を調べます。
眼底検査
眼底カメラで同行から網膜を撮影し、眼底の血管を調べます。糖尿病による目の病気や、動脈硬化の状態などを調べます。
貧血検査
血液中の赤血球数、血色素量などを測定し、貧血などの血液の病気を調べます。
血清クレアチニン検査
血清クレアチニンと年齢及び性別から推算糸球体濾過量(eGFR)を計算し、腎機能の状態を評価します。

定期健康診断

事業者は労働安全衛生法に基づいて、労働者に対し医師による健康診断を実施しなければならないということになっています。また働く労働者の方も、事業者が行う健康診断を受け慣れればならないと定められています。その内、定期健康診断は労働安全衛生規則第44条に定められているもので、事業者は年1回(特定業務従事者は6カ月以内ごとに1回)以上、定期的に下記の項目の健康診断を行わなければなりません(この他、労働安全衛生規則第43条で、雇い入れ時に同じ項目での雇入時健診を行うことも定められています)。

定期健診の内容

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査、および喀痰検査
  • 血圧測定
  • 貧血検査
  • 肝機能検査(ALT、AST、γ-GTの検査)
  • 血中脂質検査(LDL コレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

特定業務従事者健康診断

過酷な環境下での業務や、有害物を取り扱う業務、深夜における業務などに従事する労働者に対しては、当該業務への配置替えの際、および6カ月以内ごとに1回、定期的に定期健康診断と同じ項目の健康診断を行うことが労働安全衛生規則第45条で義務付けられています。対象となるのは下記のような業務に従事する方で、業務の種類によって検査項目が異なるものもあります。

対象となる特定業務一覧

  • 多量の高熱物体を取り扱う業務および著しく暑熱な場所における業務
  • 多量の低温物体を取り扱う業務および著しく寒冷な場所における業務
  • ラジウム放射線、エックス線その他の有害放射線にさらされる業務
  • 土石、獣毛等のじんあいまたは粉末を著しく飛散する場所における業務
  • 異常気圧下における業務
  • 削岩機、鋲打機などの使用によって、身体に著しい振動を与える業務
  • 重量物の取り扱いなど、重激な業務
  • ボイラー製造など強烈な騒音を発する場所における業務
  • 坑内における業務
  • 深夜業を含む業務
  • 水銀、ヒ素、黄りん、フッ化水素、塩酸、硝酸、硫酸、青酸、カ性アルカリ、石炭酸その他これらに準ずる有害物を取り扱う業務
  • 鉛、水銀、クロム、ヒ素、黄りん、フッ化水素、塩素、塩酸、硝酸、亜硫酸、硫酸、一酸化炭素、二硫化炭素、青酸、ベンゼン、アニリンその他これらに準ずる有害物のガス、蒸気または粉じんを発散する場所における業務
  • 病原体によって汚染のおそれが著しい業務
  • その他厚生労働大臣が定める業務

就学時健康診断

就学時診断は学校保健安全法に定められたもので、基本的には小学校に入学する前年の10月~11月に各自治体によって行われ、入学予定の小学校において集団で実施されます。就学を予定しているお子様の心身の健康状態を確認し、必要に応じて治療等のアドバイスを行い、入学前に健康面での準備に資するものです。

当クリニックでは、何らかの理由で集団による就学時健康診断当日に健診を受けられなかったお子さんの診断、また再度の診断か必要とされたお子さんの診断を行っています。健診で何かしらの異常を指摘された場合は、入学までに治療しておくことが望ましいので、お早めにご受診ください。より専門的な治療が必要と判断した場合は、連携する総合病院や専門病院など高次の医療機関を紹介します。